しみを消すには紫外線対策、ターンオーバーを正常に戻すこと

しみを消すには紫外線対策、ターンオーバーを正常に戻すこと

しみを消すには紫外線対策、ターンオーバーを正常に戻すこと

しみができる原因は一つではありません。

 

まず、最も多いのが紫外線によるしみです。
紫外線に当たると、肌を守るためにメラニン色素ができてしまいます。

 

そもそも健康な肌は、ターンオーバーといってだいたい28日周期で新しい肌になります。

 

しかし、しみができてしまう肌はターンオーバーが正しく行われない状態になっていて、メラニン色素が剥がれ落ちずにとどまってしまいます。
すると皮膚に色素沈着してしまいしみになってしまいます。

 

ターンオーバーを正常化するためにはホワイトニングリフトケアジェルのシミウスなどを使用して対策しましょう。

 

次に、ストレスによるしみです。

 

ストレスを感じると体のバランスが崩れやすくなってしまいます。

 

すると、ホルモンバランスが崩れたり、自律神経が乱れたり、内蔵が弱ってしまったりしてしまいます。
すると、体の中で酸化が進んでしまいメラニン色素ができやすくなってしまいます。

 

そして皮膚への刺激によるものです。

 

メイクを落とす時や洗顔をする時にゴシゴシこすってしまったり、掻いてしまうと肌にかなり負担がかかってしまい肌が傷ついてしまいます。
傷ができてしまった肌は、メラニン色素ができやすくなってしまいます。

 

また、肌が乾燥している時や、肌に炎症がある時も肌が傷ついているのでしみができやすくなっています。

 

最後に、ビタミンCを多く含む食品や、ビタミンが入った化粧品を紫外線に当たる時間に摂取または使用してしまう場合にもしみができてしまいます。
ビタミン自体は摂取することでしみを改善し美肌になれるのですが、ビタミンの中に紫外線に反応し吸収してしまう成分があります。
なので、朝出かける時や日中に摂取してしまうとしみができてしまいます。

 

これらのことから、しみを消すためには紫外線を防ぐことと、ターンオーバーを正常に戻すことが大切です。
外に出る時はこまめに日焼け止めを塗り、帽子や日傘で影をつくることで紫外線を防ぐことができます。

 

そして、規則正しい生活を送ることです。

 

質のよい睡眠とバランスがとれた食事、適度な運動、過度なストレスを抱えないことです。
しみは内側と外側の両方からケアをすることが予防、改善に繋がります。